ゆうめいの部屋

<   2016年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

3月26日。。。

ボクちんの中学の時の

野球部の監督&担任だった先生が

この春異動になるため

母校を離れると言うことで

監督にお世話になったOBも含めて

父母会で送りだそうと言うことになった

この監督は最近にはない熱血な先生で

自分にも人にも厳しい人だった

私が子供の頃では珍しくもない話だけど

今時の教師では珍しい話で

そのやり方に

反感を持つ親も少なくはなかった

ボクちんは3年間担任だったという事もあり

かなり厳しく指導された

忘れ物をしたら練習停止

友達と喧嘩して

ケガをさせてしまったら練習停止

何かにつけて練習停止をくらってた

野球なんかやめちまえ!って何度言われたか。。。

そんな時は決まって

ボクちんが帰ってくる前に

やめろって言ったけど
やめさせる気はないんで
間違ってもやめる方向に
持っていかないでください

と監督から電話が入った

私は安心して監督に委ねた

が。。。このボクちん。。。

同じく練習停止になった子が

毎日監督の元に行き

練習に参加させてください

とお願いしてるのに

ボクちんはその姿を見て

ああ、今日もダメなんだなと

監督にお願いに行くことすらしなかったのだ

当然毎日お願いしに行った生徒は

数日後練習参加許可をもらう

ボクちんは許可をもらえるわけがない

そこでボクちんやっと動き始める

でも監督も努力をしてこなかったボクちんを

すぐに許すわけにはいかなかった

ボクちん3度目のお願いに行った後考えた

毎日言っても逆撫でするだけじゃないか
これは毎日行かないで反省の姿を見せた方が
しばらく様子を見よう。。。

そう。。。

しばらく様子をみてる監督に対して

しばらく様子を見ることにしたボクちん

そんなわけで

監督の元に通うのをやめたボクちん

違う意味での監督との根競べ

シーズンオフだしと余裕でいるボクちん

シーズン始まろうとしてるのに

状況変わらず。。。

監督から電話

全然ボクちんの方から来ないので
今日呼び出してガッツリ説教して
練習参加させます

監督の方が根負けしたのだった

そんなこんなでお世話になった監督

私は即答で参加の意思表示をしたのだけど

当時ぶつかってたのもあって

数人は来ないだろうと思っていたら

同じ学年で来たのは3名だけだった

びっくりしたわぁ

でも嫌々参加されるよりは

送り出したいと思う人達だけの方がいいかな

会場はホテル

めちゃめちゃギリギリの時間に行った私

車を降りてホテルの入口行くと

( ̄□ ̄;)!!

ホテル名が違う!

ここはどこ?ホテルどこいった?

時間が無いだけにちとパニクッってしまった

よく見ると入口に

送る会と書いてあった

いつの間に

ホテル名変わっていたのだろう。。。

会場に行くと

学年1つ上の父母や下の学年の父母達がいた

数年ぶりに会う懐かしい顔ぶれだった

この日ここで送る会が行われるのを

一切知らされてない監督

同僚の先生に飲みに誘われて登場

ホテルなだけに

みんな正装

監督。。。超普段着

真っ暗闇にして拍手でお出迎え

監督驚き顔

ハトが豆鉄砲くらった顔って

こんな感じなのかなぁ

各学年の代表が監督に一言

監督うるうる

監督に贈り物
a0135546_11382351.jpg
a0135546_11391288.jpg
カップはともかく

ウィンドブレーカーは

いつ着るのだろう。。。

a0135546_11393210.jpg
最後は胴上げ

監督は今後は

教育研究センターという所に

勤務になるらしい

監督が2次会の時に話をしてくれた

駒大苫小牧の監督は

優勝しても選手と抱き合うとか絡まない

何故絡まないのかきいたら

試合は親に見せるものだ
親の協力無しでは成り立たないのだから
優勝したら親に感謝するんだ

と話されたようで

感動したらしい

母子家庭で仕事を持っていた私は

中学生の時は

近所の野球部の父に

送迎をお願いしたりしてた

その父にもこの日

俺は数年後に
ボクちんに飲みに誘われるのを
楽しみにしてるんだ
自分の息子と同じように思ってるんだ

と言われた

なんとありがたい話で

ボクちんの野球は

色々な人のおかげで成り立ったんだなぁと

しみじみ思いました









[PR]
by yu--mei | 2016-03-31 13:00 | Comments(0)

桜。。。春。。。何故に。。。

幼稚園や保育園

小・中学校や高校での

卒業式も終わったこの時期に

桜前線もだいぶ上昇し

東京では4分咲きまでになったとか。。。

日本列島すっかり春に。。。

と思われるのに。。。

何故に。。。

a0135546_02021092.jpg
夕方に降り始め。。。
a0135546_02023154.jpg
積もってますがな。。。
a0135546_02025050.jpg
嗚呼。。。春まだ遠し。。。

[PR]
by yu--mei | 2016-03-26 02:05 | Comments(3)

3月8日。。。

ボクちん

入社前オリエンテーションの為に

札幌に行かなければならなかった

JRやバスで行く?

でも北海道支社は

駅から地下鉄で乗り継がなければならない

ボクちんには難しいかも。。。?

ということで

私が運転して車で行くことにした

私が運転して札幌行くのは

今回が2度目。。。

しかも冬は初めて。。。

もろもろの不安を抱えつつも

AM7時過ぎに出発

前日からガソリンが値上げするという

タイミングの悪さ

ボクちんは風邪ひいてしまって

めちゃめちゃ静か。。。

行くときはスーツを着ないで

楽な服装にして道中寝ていた

無事高速にのることもできた

毎回ETCゲートが開くかどうか

ドキドキするのは私だけでしょうか?

輪厚(わっつ)のSAで

休憩しようと決めてました

トイレも行きたくなったし

まだかなまだかなぁ。。。

あ。。。もうすぐだ。。。

そこへ後ろから救急車が来ました

左に避けなければと

徐行してる内に救急車は通り過ぎ

私も。。。SAの入口。。。

通り過ぎてましたぁ(┯_┯) ウルルルルル

もうこのまま札幌に行くしかない。。。

SAに寄らなかった分だけ

予定より少々早めに到着しそうなので

北海道支社近くのコンビニに停車

寝てるボクちんを起こし

スーツに着替えるように言うと

ボクちんスマホをいじりだす

何のん気にしてるの?って言うと

今ネクタイの絞め方を調べてるとのこと

えぇぇぇえええええええええ

今ここでぇぇぇえええええええ?

ボクちんの高校はネクタイなのに

今までどうしてたのかきくと

友達に絞めてもらってたとのこと

ほんと親の顔が見てやりたいわ。。。

無事スーツを着用し会社で降ろした

時間が11時から14時までという

中途半端な時間帯なので

昼食が出るのかどうかわからず

とりあえず食べずに待っていた

ボクちんから終わったとメールが入り

迎えに行った

お昼は食べてないとのことで

何かを食べることに。。。

びっくりドンキーがあるよと言うても

ここまで来てそれはないなと言われ

それもそうだなと思ってしまった

サッポロファクトリーが見えたので

下手に車を流しながら店を探すよりも

店が並んでる店舗に入った方が

効率もいいなってことで停車

美味しいパスタを食べた

ここはファッションから雑貨まで

なんでも揃ってる店舗

ボクちんが少し見てまわりたいと言うので

別行動に

パスタを食べる前に

ボクちんに却下されたクレープを

ボクちんがいないうちに食べることにした

食べたい物が全部入ってる欲張りな

イチゴバナナチョコクレープにした

世間では。。。

もちもちもっちりと言うのかもしれないが

めちゃめちゃ歯ごたえがあって

こんなに一生懸命噛まなければならない

クレープは初めてだ

私にとってはめちゃめちゃ残念な話だった

(┯_┯) ウルルルルル

ボクちんが戻ってきた時間には

もう外は真っ暗だった

しかも。。。雨が降ってる。。。

高速にのり

トンネルを抜けると。。。

雨が白いものになっていた。。。

雪降ってきた。。。

次のトンネルを抜けると。。。

道路に雪が積もっている。。。

更に次のトンネルを抜けると。。。

吹雪きになってた(┯_┯) ウルルルルル

視界が悪く何も見えない。。。

怖くても高速道路だから停まれない

後ろのトレーラーが

パッシングしながらあおってくる。。。

でも対面車線の為に避けようがない

視界が悪いので。。。

瞳孔開くかって言うくらい目を見開いて

必死に運転。。。

往復410kmのドライブでした

家に到着する頃には

肩がパンパンに。。。

雪かきした後よりもひどい

夜は爆睡でした

北海道の3月は。。。

やはり冬でした。。。

(6 ̄  ̄)ポリポリ


[PR]
by yu--mei | 2016-03-17 21:20 | Comments(2)

3月5日

もろもろの用事を済ませ

ぼぉぉおおおっとしてた

PM2:00頃

私何かを忘れてるような気がする。。。

( ̄□ ̄;)!!

今日は5日じゃないか

卒業を祝う会

要するに

3年間お世話になった先生方に感謝する

PTAの謝恩会だ

すっかり忘れていた

慌てて帰宅しシャワーを浴び

普段あまりしないお化粧をした

PM6:15

あとは6時半に出れば余裕だな

( ̄□ ̄;)!!

6時半から始まるんだ!

慌てて車に乗り込み

主催者に10分遅れるとLINEをし

車を走らせた

橋の上が進行方向だけ渋滞

パトカーいっぱい

焦りながらも安全運転で

なんとか時間内に到着

と言うても最後の登場

私の席は野球部母達が確保しておいてくれた

学年主任の先生の挨拶

乾杯で会が始まった

担任と副担任と話し込む

もちろんボクちんの事

副担任とは最後まで話をしていた

ボクちんは出来ない子じゃないんだ
追い詰められないと出来ない子なんだ

と副担任は言う

よくわかる話だった

早く自分でスイッチ入れれば

余裕でこなせる事も

自分ではスイッチ入れれないのだ

本当に先生方にはお世話になった

1年生の時の担任がまだ来ていなかった

10人きいたら10人誰もが

頼りないという先生だ

私も1年生の時にすぐに思った

入学式に教室の時計が止まっていましたから

めちゃめちゃ不安になりました

2年でクラス替えになり担任も変わったのですが

野球部の大半がその先生のクラスになった

プリント配布を忘れるのは当たり前

進学の願書が

間に合わなくなりそうになった時には

さすがの母達も気が気じゃなかったらしい

そして卒業を祝う会に遅刻してきても

誰もが仕方ないと思っていた

10分経過・20分経過

30分経過したあたりから

みんな心配しだした

1時間近く遅れて登場した

みんなの冷ややかな目

先「いやぁ寝ちゃった」
私「寝ちゃったの?」
先「昼間雪かきして疲れて寝ちゃった」
私「そっか
  それじゃ寝ても仕方ないな
  うん、仕方ない仕方ない」

この会話をきいて

母達は笑ってくれた

空気が和んでよかったわぁ

2次会はカラオケボックスだった

隣に座ったのが

なんと!!!

平成生まれの先生!!!

平成生まれを鼻高々に言うので

平成先生何歌う?

平成先生何飲む?

と意地悪を言うてしまった

大人げない私でした

シンデレラタイム

日付が変わる前に帰宅しました

野球部だけじゃなく

色々なお母さんがいて

色んな意味で面白かった

でも疲れた。。。


翌朝5時に起き

出勤し朝食を作りました

夜はそのまま宿直で泊りました


[PR]
by yu--mei | 2016-03-12 22:47 | Comments(2)

3月1日。。。遅^^;

3月1日は

ボクちんの高校の卒業式

前日の大雪の為に

朝から地吹雪

最後の最後に車落とすのか?

って言うくらい

視界が悪い

前の車も突然消え

対向車が突然現れるみたいな

ドキドキの運転しながら学校へ。。。

学校の中に入ると

久しぶりに顔を合わす

野球部母達の姿が。。。

軽く近況報告をし合って

式会場の体育館へ

みんなで並んで座り

子供達の写真を撮る

どれかいい写真があるようにと

みんなで野球部の子の写真を撮りまくる

一昨年までは

代表の子が卒業証書を受け取ってたそうだが

去年から1人1人になった

涙するかな。。。って思ったが

あまりの流れ作業的速さの為

涙する間もなかった

卒業式が終わって

教室へ向かうと

担任が子供達に

親やクラスの仲間等に

ありがとうを言いましょうと言い出し

1人1人順番に言っていった

ボクちんは

担任と副担そして仲間に

ありがとうを言った

終わりかと思ったら

後ろを振り返り

おかん
ここまで育ててくれてありがとう

と言ってくれた

嬉しかったなぁ

それにしてもクラスの様子が

自由すぎてビックリした

担任が話してようが

おかまいなしに

しゃべりまくる生徒

体育会系の担任も何も言わない

ほんとビックリしたわぁ

終わってボクちん達野球部は部室へ

母達も部室へ。。。

3年生から部員達への贈り物

刺繍入りのバットケース

部員達から3年生への贈り物

ほぼマネージャーが作った

手作りのアルバム

これには部員からのメッセージ

母からのメッセージが添えられてた

全員並んで写真を撮り

3年生だけ並んで写真を撮り

母達と4月の女子会を約束して

解散した

家に着く頃には

母達のグループラインが鳴りまくり

お互いに撮った写真をアップしたのだ

家に帰りボクちんを置いて

私は病院へ注射をうちに。。。

ボクちんからメールが来て

今から彼女の家に行くとのこと。。。

学校よりも1時間弱向こう側にある彼女の家

学校から行った方が近かっただろうに。。。

夜はボクちんが帰ってくるのを待って

焼肉屋さんへ。。。

ずーーっと連れてってあげれてなくて

卒業式くらいはと。。。

色々お世話になったジジババも誘って

焼肉屋さんに行くと

平日なのに何故か混んでる。。。

たぶん1週間の中で

1番空いてる曜日のはずなのに

30分待ち。。。

この焼肉屋さん

ボクちんの同級生の親がオーナー

どこも考えることは一緒のようで

帰る人はみんなボクちんの同級生

我が家は出遅れたのでした

美味しいお肉も食べれたからいいか

高校の3年間あっという間だったなぁ

野球部の母仲間に恵まれて

早朝の送りや夜遅くのお迎え

休みの日の練習試合の送迎や応援も

全然苦にならなかった

ボクちんは10年間野球やっていたけど

私は野球があまり好きじゃないから

中学までは本当に何もかもが

面倒で苦痛だった

高校も遠い分もっともっと

苦痛なんだろうなって

覚悟していたのに

母仲間のおかげで

楽しくて楽しくてで

3年間あっという間だった

野球のことだけじゃなく

学校祭の出店もみんなで参加したり

本当に楽しい3年間だった

他の部の母達にも羨ましがられるほど

仲の良い仲間だった

LINEでみんなに

ありがとうって送った

みんなもありがとうって。。。

子供達の卒業よりも

自分達の卒業を寂しく思う母達でした

進学や就職それぞれの道を

歩き始める子供達

きっと母達みんなで

見守っていくんだろうなぁ

入社式や入学式が落ち着いた頃に

女子会を企画してほしいと言われたので

今から安くて美味しい店を調べておかないと。。。

とその前に。。。

ボクちんの免許取得が先ね。。。

頑張れボクちん



[PR]
by yu--mei | 2016-03-11 23:24 | Comments(0)

2月29日


今年はうるう年なんだなぁ

なんて思う余裕もない1日でした

卒業式の前日に総練習って事で

登校日のボウちんを

久しぶりに学校に送った

朝から雪が降っていて

めちゃめちゃ視界が悪い

学校へ向かう田舎道は

道路も路肩も区別つかない位真っ白

タイヤの跡も何もわからない位真っ白

側溝に落ちるのが怖くて

道路の端を走れない

ど真ん中を走りたいが対向車が来る

降り方が半端なくて

前を走る車も

かろうじてテールランプが見える位

時速30km以上は出せない

後方を確認する余裕もないくらい

少しでも目を逸らす事が出来ない位

視界が悪い

やっとの思いで学校に着き

ボクちんを降ろした

戻り道は住宅街を通った

建物がある分

道路の区別ができる

そのまま病院に行き注射を打ち

家に戻ったのが11時

注射の後は具合が悪くなるので

少し横になるつもりが

昼食も食べずに寝てしまった

17時までに会社に行かなきゃいけないので

支度をして15時半頃外を見ると。。。

車が。。。埋まってる。。。

a0135546_22572687.jpg

11時に帰って来た時には

車の上には何もない状態だったはず。。。

a0135546_22571890.jpg

座布団位あるスコップも小っちゃく見える位

必死に雪を運んでも

車までたどり着けない。。。

雪かきを始めて1時間経った16時半に

会社に電話をしました

私「ゆうめいですお疲れ様です」
事「お疲れ様です」
私「今日会社に行かないとダメですよね?」
事「月末ですからねぇ」
私「まだ車の発掘が出来てないんですよ」
事「あらぁ」
私「まだ車までもたどり着いてないのぉ」
事「大変ですねぇ」
私「どうしてもと言うなら
  歩いていきますけど」
事「いやいや遭難したら困りますから
  明日でいいですよ」
私「ありがとうございます」
事「私も今駐車場に行ったら
  車埋まってましてどうしようかと」
私「帰ってからが大変ですね」

事務員さんは雪が積もる前に出勤してるので

帰ってから家に入れない状態なのです

翌日で良いと許可をもらったので

雪かきに専念

a0135546_22573579.jpg
a0135546_22574724.jpg
あっちに山こっちに山

山が高くなればなるほど

腕を振り上げる力が必要になる

もう雪を捨てる所がない

どうにかこうにか終わり

無事車も発掘できた

翌日の朝

気の毒なニュースが流れた

市内で雪に埋もれた車に乗って

一酸化中毒で19歳少年が死亡

仕事の昼休みに車で寝ていたようだ

1時間に10cmオーバー降ったこの日

昼休みという短い時間で

車のマフラーが雪で塞がってしまった模様

本当に気の毒な事故だ

しかも。。。亡くなったのは

私の同級生の息子さんだった

車のマフラーが雪で塞がってしまうと

マフラーに排気ガスが逆流して

車内に入り一酸化中毒になる

と思っていたのだけど

違った

排気ガスは車体の下の空洞に流れ

車体の底の隙間や空気穴から

車内に入り一酸化中毒になると言うことを

ニュースを見て初めて知った

北海道はまだまだ冬

気をつけないといけないな


雪が少なかったこの冬

帳尻を合わせるかのように

この日も50cm近く降りました

春まだまだ遠し。。。



[PR]
by yu--mei | 2016-03-02 23:47 | Comments(5)



日々のできごと
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧