ゆうめいの部屋

宿直。。。

4月から始まった週1宿直も

もう2ヶ月が経ち

だいぶ慣れてきたと思っていたけど

そうでもなかった。。。

今月は17日まで週に2回の宿直

いつもの様に

夕食をいただき

厨房の人も管理の人も

ヘルパーの人もみんな帰り

私の宿直スタートです

PM8:30頃

軽い認知症の入居者Tさんが食堂をうろうろ

私「なしたぁ?」
T「誰もいないね」
私「みんなもうお部屋に戻ったよ」
T「あそう」
私「おやすみなさい」

こうしてお部屋に戻した

PM9:30頃

入居者Nさんが来た

私「どうしましたぁ?」
N「同じ階のYさんのTVの音がうるさいの」
私「そんなに大きな音なんですか?」
N「きっとイヤホンが抜けてるんだと思う」
私「とりあえず行ってみましょうか」

4階まで行くと確かに廊下にも響いてる

部屋のドアをノックするも

聞こえないのか応答無し

Nさんを部屋に帰し

管理室から内線でYさんにコールする

私「もしもし」
Y「なしたの、びっくりしたわ」
私「今見廻りしてたら
  Yさんの部屋のテレビの音が
  あまりにも大きかったから
  もしかして具合悪くなっちゃてるんじゃないか
  と思って電話してみたの」
Y「私も今大きすぎると思って切ったの」
私「そっか、具合悪いんじゃなくてよかった」
Y「そう言ってあんた
  誰かがうるさいって言って
  あんたがかけてきたんじゃないの?」
私「違うよ~
  今見回りしてたら大きな音だったから
  心配して電話してみただけだよ」
Y「そうかぁ、心配かけてすまないね」
私「大丈夫ならいいのよ」

なんとか無事に収まった

かのように思えたのだが。。。

AM0:00

Nさんが来た

私「どうしましたぁ?」
N「またYさんのテレビの音がうるさいの」
私「わかりました、今見てきますね」
N「お願いします」

部屋の鍵を持って4階に行くと

やはり廊下までテレビの音が響いてる

4階まで階段で行った私よりも

エレベーターで行ったNさんの方が

先に到着していた

一緒にYさんの部屋にNさんも入ろうとしたので

私がきちんと話をするということで

それは断って自分の部屋に戻ってもらった

私「Yさん、Yさん」
Y「びっくりしたわ、どうしたの」
私「今寝る前に見回りしてたら
  こんな時間なのにテレビの音聞こえたから
  具合悪くなっちゃてないかなって
  覗いてみたの」
Y「今目覚めて時間見ようとテレビつけたんだ
  時計が変になっちゃって時間わかんないの」
私「そっかぁ、今はまだ夜中の12時だから
  もう少し寝よう」
Y「まだそんな時間なの?」
私「そうだよぉ、まだ夜中の12時」
Y「あんたこれから寝るの?」
私「寝るよ~Nさんも寝よう」
Y「何時くらいまで寝てるの?」
私「5時くらいまでかなぁ」
Y「あそう、もうたいして寝れないんじゃない」
私「大丈夫よ、Yさんも休もう」
Y「誰にも言わないでね
  私ここにいられなくなっちゃうから」
私「誰にも言わないよぉ
  気に病まないでぐっすり眠って」
Y「あんたでよかったよ
  他の人だったら
  私ここにいられなくなっちゃうとこだった」
私「大丈夫よ」
Y「あんたこれから寝るのかい?」
私「そうだよ、Yさんももう少し寝よう」
Y「何時に起きるのさ?」
私「5時くらいかなぁ」
Y「あそう、私は寝るよ」
私「ぐっすり休んでね
  おやすみなさい」

同じ会話を10回位繰り返してから

Yさんの部屋を出ると

聞き耳たててたのか

Nさんが部屋から出てきた

私はNさんに

時計が壊れて時間がわからなくて

テレビで時間を確認しようとしてた事を伝えた

話してるうちに

またYさんの部屋からテレビの大音量が。。。

時間わからなくて不安ならと

Nさんが目覚まし時計を貸してくれた

Yさんの部屋に届けた

これで時間もわかるし安心で寝れるでしょう

と言うことで収まった

宿直室に戻ってしばらくして

認知症のTさんが来て

眠れないから薬をくれと言うのだが

時間が遅すぎて

朝起きれなくなってしまうので

渡すことができず

お薬無いと伝え部屋に戻す

また何か言うてくるんじゃないかと思ったら

2時過ぎまで眠れなかった

やっと寝始めて。。。

4時半。。。

早起きの爺様婆様達が食堂に。。。

なかなか眠れないまま

朝食のお手伝いに厨房へ。。。

朝食少し前にYさんが来て

時計を返してくれた

配膳を終えて

厨房で後片付けを手伝っていたら

Nさんが来たので時計を返そうとしたら

私「Yさんから返ってきてるので」
N「あとで取りにくるわ」
私「今渡すよ?」
N「管理の人にも言わなきゃだし」
私「それは私から連絡ノートにも書いたし
  あとで電話もしておくし」
N「それだけじゃ伝わらないかもだし」

結局、時計を受け取らずに部屋に戻っていった

どうしてもYさんの事を管理に言いたいらしい

このNさん前にも管理に色々言うて

ここは共同生活の場だから

完全快適は無理です

ある程度の妥協ができないのなら

他へ行ってもらうことになってしまいます

と言われてるのです

Yさんは90歳を過ぎてて

お子さんもいなく

御主人もずっと前に失くされてから

ずーーーーーーーっと

自分の行く先に不安を抱いてるのです

ここは介護施設でも老人ホームでもなく

あくまでも

高齢者専用集合住宅なので

自分の事ができる自立した人しか

入居できないのです

だから何かあると

Yさんは必要以上に

ここにいられなくなると不安になってしまうのです

それがわかってるから

私はNさんとYさんを会わさず

あくまでも私との間だけの話のようにしたのです

宿直始めて2ヶ月目にして

ようやく

宿直管理らしい仕事をした感じです

でも。。。

何が辛いって。。。

眠れないことよりも。。。

折り返し階段を4階まで

何回も往復したことが

1番辛かったぁ(T-T) ウルウル

(6 ̄  ̄)ポリポリ

[PR]
by yu--mei | 2015-06-11 19:09 | Comments(2)
Commented by largo at 2015-06-12 09:40 x
凄いね さすがプロだね
具合悪くなたかと思ってって うまい言い方だね
そして 周りに誰も傷つけないような配慮もさすがだし
階段使うのもプロだし!後は誰かさんの体力だな・・・問題は・・・・ ぼくちんをみならって根性だせ~~~^^:
Commented by yu--mei at 2015-06-17 21:55
ずっと暮らしていかなきゃいけないのに
お互いに溝を残しては暮らしづらくなっちゃいますからね
無い頭で考えましたw

体力的には。。。
年々衰えをひしひしと感じまふ(T-T) ウルウル
<< 高校野球夏の大会予選抽選 バタバタ。。。 >>



日々のできごと
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧